「子どものため」ってそれ本当ですか?

おはようございます!
フォーカスマインドトレーナー 
長瀬です。

 

先日まで石垣島で行われた
起業家の合宿に参加するため
子どもたちと離れていたので、

昨日は子どもたちとの時間を
作ろう!と
一緒に遊びに行ってきました〜!

IMG_7061.JPG

我が家の子どもたちは
基本とっても自由人!

 

なので、こういった場所にくると
自分の好奇心のままに
行動します!

探検に夢中になりすぎて
入っちゃいけないところに
入ろうとしたり、

展示物によじ登ろうとしたり…。

以前はこういう時、

「なんでうちの子は
ちゃんといい子にして
いられないんだろう?」

と他の子どもたちと比べたり、

「しつけがなってないって
思われるんじゃないかな」

と、周りからの目を気にして
いうことを聞かない子どもに
イライラして怒っていました。

子ども しかる 怒る.jpeg

親が子どもに怒る時は

「子どものために
言っている」

という正当な理由を
付けやすいですが、

その裏には過去の私のように

他の子と比較して残念に思ったり
子どもがちゃんとしていないと
自分が親としてちゃんと
出来ていないと思われるから
恥ずかしい想いをするなど

実は結構

お母さん側の
問題であること

が多いんです。

 

そのお母さんの人との比較や
周りからの目を気にする心さえ
取ることができれば

危ない時や
やっちゃいけないことを
やった時も冷静に注意が
できるので

どんな時もイライラせずに
子どもと笑顔で
過ごすことができます^^!

親子 笑顔 男の子.jpeg

これから年末にかけて
冬休みなどで
子どもと一緒にいる時間が
増えてきますが、

その時間を心から
楽しめるようになるかは

お母さんの
マインド次第です!

子どもといられる時間は
人生の中で案外短いので

後になって、
もっと笑ってあげてれば
良かったと後悔しても遅いんです。

今子どもと一緒に
笑ってあげられていないなと
思うなら、

今変えてください!

簡単に変われる方法はあります!

あとから思い出した時に
笑顔でいっぱいの思い出を
作っていきましょう^^!

 

先着5名さまのみ!

体験会のお申し込みはこちら!

%%%_LINK_26220_%%%

体験会画像