「可愛い子には旅させよ」は本当だった!

おはようございます!
フォーカスマインドトレーナー 
長瀬です。

 

子どもがかわいくて
失敗して辛い思いを
させたくなくて

子どものやることに
親がつい

「こうやった方がいいよ」

と、手出し口出してしまうこと
ありますよね。

子ども ママ.jpeg

私もよくやってしまっていました
( ̄▽ ̄;)

 

ところが、これをやってしまうと、
目先のことに関しては
失敗しないかもしれませんが、

自分で考えるチカラ

が育たず
大人になってから
子どもが辛い目に合うことが
多くなってしまうんです。

社会にでると
これが正解!と
ハッキリあることばかりではなく、

いろいろな道があるなかで
一番良いのではないか?と
思うものをえらんでいき、

そしてそれが正解かどうかも
時間がたってみないと
わからないことばっかり!

想像 イメージ.jpeg

そういった時に
役に立つのが子どものときに
新しいことにチャレンジした時に
それをどう乗り越えたかという
経験なんです。

 

ところが親が子どものやることに
先回りしておしえてしまうと

トライ&エラーをくり返して
乗りこえるという経験を
できなくなってしまうため、

うまくいかないと
すぐあきらめてしまったり、
人の意見に流されてしまい

 

つらいのコピー.jpeg

自分の人生を
生きられなく

なってしまいます!

だから

かわいい子には旅させよ

の精神で
なにも言わず
見守ってあげてください!

子どもがこまって助けを
もとめてきたときに

答えではなくヒントを
わたしてあげてみてくださいね!

もし、そうは言っても心配で
口を出さずにいられない!

 

という方は
自分の中の不安を取り除くことが
先決です!

子どもの考えるチカラを潰さない
方法を今すぐこちらから
チェックしてくださいね!

 

%%%_LINK_26218_%%%

10月PDF表紙.jpg