号外!YouTubeの「だらだら見」はもう終わり! 思春期男子の「やめるチカラ」を戦略的に育てる!【電子書籍プレゼント】

こんにちは!
フォーカスマインドトレーナー 
長瀬です。

今日は、
 
  \子育てママ応援!/
YouTubeの「だらだら見」
がやめられない子どもの
 
お母さんへ電子書籍のプレゼントです!
 
 
 
YouTubeをだらだら見続け、
やるべきことをやれないでいる
我が子を見ていると、
 
 
ついガミガミ言いたく
なってしまいますね。
 
 
 
 
ガミガミ言ったり、
 
無理やり取り上げても、
 
 
本人にやるべきことを
やらせるのは、
 
 
さらに至難の技です。
 
 
 
 
もしお子さんが、
 
 
 先の見通しがつけづらい
 
✔ 計画性がない 
 
 楽しいことだけを優先してしまう
 
 ゲームや、YouTubeなどの
 誘惑に負けやすい
 
 やり出したら、やめられない
 
 
 
といったお悩みをお持ちであれば、
 
 
 
 自分で考えてやめるという
「やめるチカラ」を発揮する回路が、
 
 
 
まだ上手く育っていない可能性が。
 
 
 
 
そんな思春期凸凹タイプの
お子さんをお持ちのお母さんに
プレゼントです。
 
 
 
だらだら見がやめられない
思春期男子の「やめるチカラ」は
 
 
ぜひお母さんに
戦略的に育てていただきたい
チカラになります。
 
 
 
「やめるチカラ」を身につけて、
やるべきことができるように
なっていくことは、
 
 
自立への第一歩となります。
 
 
 
 
ぜひ、書籍をダウンロードされて
読んでみてください^ ^
 
 
 
===========
 
電子書籍プレゼント!
 
 
 
\戦略的な「過保護対応」で/
 
YouTubeをだらだら見続ける
         思春期男子の
「やめるチカラ」 を育てる!
     1,2,3ステップ!
 
 
414782.jpeg
 
 
▼▼無料ダウンロードはこちらから▼▼
 
 
 
 
 
 
 
 
桜井さんからのメッセージを
お預かりしていますので
ご紹介いたします。
 
 
===========
 
はじめまして!
 
 
発達でこぼこ思春期は
「過保護」が大事!
 
自立の力を戦略的に育てる!
 
 
発達科学コミュニケーション
トレーナーの
桜井ともこと申します。
 
 
sakuraitomoko.JPG

 
 
本日は、長瀬さんの大切な読者様へ
私の電子書籍のご紹介をいただける
機会を頂きましたことを
心より感謝致します。
 
 
私は、大学生の2人の娘
そして中学生の息子を持つ母親です。
 
 
今は、凸凹思春期っ子を戦略的に
「自立させる」専門家として
活動していますが、
 
 
私もかつては
あれこれ言い続けることでしか、
子供を動かすことができない
超ガミガミお母さんでした。
 
 
 
色々なことをできるようにしなければ!
自分で考えて行動できる子に育てなければ!
 
と考え、
 
 
 
たくさん指示を出し、
時には無理やりやらせたりしているうちに、
 
 
 
反抗、暴言がひどくなり、
 
本人の自信やる気を奪う
子育て
 
をしていた過去があります。
 
 
 
 
ただガミガミいうだけではない
戦略的な対応を取るだけで、
 
 
 
子どもの自信が育つこと
子どもの意欲が育つこと
 
 
 
これを身をもって経験したからこそ
同じように悩むお母さんの
サポートをしています。
 
 
 
新型コロナの突然の休校の
影響もあり、
 
 
先月開催したセミナーでも、
YouTubeやゲームを
だらだら続けてしまう
お子さんへのお悩みの声が
多数聞かれました。
 
 
それでは上手くいかないと
わかってはいるものの、
 
 
ついガミガミ言っては
親子喧嘩を繰り返したり、
 
 
 
無理やり取り上げてしまう以外に
やめさせる方法がわからない
といった声もたくさん頂きました。
 
 
ついガミガミ言ってしまう。
 
効果的な声かけ方法がわからない。
 
 
 
というお母様方に向けて、
 
 
戦略的に凸凹思春期の
「やめる力」
育てていく方法をお伝えしたくて
電子書籍を作成しました^ ^
 
 
 
凸凹の我が子を
しっかり自立に導きたい!
 
 
凸凹の我が子の自立を
戦略的に支えたい
 
 
と思うお母さんは、
是非参考にしてみて下さい!
 
 
 
無料ダウンロードはこちらから
▼▼▼
 
 
 
 
 
 
最後までお読みくださり
ありがとうございました!
 
 
発達科学コミュニケーション
トレーナー 桜井ともこ
 
 
===========

 
以上、桜井さんからの
メッセージです。
 
 
いかがでしたか?
 
 
ガミガミせずに
戦略的に
子どもの自立を
支えられるお母さんに
 
 
ぜひなってください!