号外!最小の時間と労力で最大の成果を生む方法

こんにちは!
フォーカスマインドトレーナーの
長瀬泉です。

 

本日は、

WEBからの集客を叶えるために
そろそろ本気で
仕組み化を考えたい方へ向けた
電子書籍を

 

個人起業家の集客を
誰よりも優しく教える
集まる集客プロデューサー
田尻佐和子さんが

無料公開しましたので、
ご紹介しますね!

 

ゼロからでも誰でもできる
集まる集客流の仕組み化

最小の時間と労力で
最大の成果を生む方法

いろいろやって時間ばかりが過ぎている人へ

無料電子書籍

仕組み化.001.jpeg

 

期間限定ダウンロード
▼▼▼▼▼▼

https://web-yougo.com/pdf/10451/?nsimm

これまで
WEBは重要と思いながらも
手をつけられなかったけれど

今回のコロナによって
オンライン化しなければと

 

重い腰を
上げた方も
多いのではないでしょうか?

 

で、

 

決めたのはいいのですが、
何から始めたら良いのでしょうか?

 

という方に、
まずお読みいただくと
集客の仕組み化の重要性が
わかります。

田尻さんからメッセージが
届いていますのでご紹介しますね!
————————-

長瀬泉さんの
メルマガ読者のみなさま

はじめまして

個人起業家の集客を
誰よりも優しく教える
集まる集客プロデューサー
田尻佐和子です。

profile.JPG

 

今回長瀬さんの
大切な読者様に向けて
私の電子書籍を
ご紹介いただけることを
本当に感謝しております。

 

わたしは、
集まる集客のメソッドを
学び、実践して、

パソコンやWEBが苦手
というだけで、
ツールやシステムを
うまく活用できない方のために
下支えしてきました。

現在は、
100名以上の起業家が
参加している
サブスクリプション型の
起業家のサポートシステム
「集まる集客PrimeCare」を
主宰しています。

 

今回

新型コロナウイルスの影響で
急激に
「オンライン」
進んだことにより

インターネットでの集客も
仕組み化した方が良いことは
明白になったと思います。

 

突然ですが、

 

「あなたは集客のために
毎日何にどのくらい
時間を使っていますか?」

この質問に即答できない人は、

集客動線が
仕組み化できていない
可能性があります。

 

集客動線て?

と思われたかもしれません。

集客動線とは、

『お客様、自ら、
動いていただく仕組み』

のことです。

 

ここをよく考えずに
行き当たりばったりで、
なんとなくSNSをしたり、
ブログを書いたり
していませんか?

しかし、
よく考えてみてください。
時問は24時間しかありません。

 

私はこれまで、
多くの起業家さんに

集まる集客のメソッドで
『お客様、自ら、動いていただく仕組み』
の創り方をお伝えしてきました。

 

そして、
カスタマーメイクサークルと呼んでいる
集客の仕組み化
マーケティング・オートメーション
(準自動化)を
構築することで、

 

本来の自分の専門分野の研究や
お客様や生徒さんとの時間
きちんと確保できるようになるのです。

 

集客の仕組み化
と聞くと

何だか難しそうに
聞こえるかもしれませんが、

「その商品を求めている人が
集まる仕組みのこと」

です。

具体的には

 

毎⽇、
SNS
ブログ
メルマガで
発信をするのですが、

だからと言って、
長時間パソコンに向かって作業を
しているわけではありません。

 

実質的な作業時間は
個人差はありますが、
毎日1〜2時間程度で、
それ以外の時間は、

 

次の戦略を考えたり
研究をしたり
ネタを集めたり
自分や家族との時間に
あてています。

 

好きな時に、
好きな人と、
好きなことをする
という理想のライフスタイル
実現するためにも

 

この
集客の仕組み化は
必須だと思うのです。

 

スクリーンショット 2020-07-07 6.41.42.png

 

本書をダウンロードしていただくと、

● 導線ではなく動線と捉える理由
● 仕組み化するために重要な3つの動線
● カスタマーメイクサークルの創り方

集まる集客流の
仕組み化の考え方や
組み立て方がわかります。

 

ゼロからでも誰でもできる
集まる集客流の仕組み化

最小の時間と労力で
最大の成果を生む方法

いろいろやって時間ばかりが過ぎている人へ

無料電子書籍

仕組み化.001.jpeg

 

期間限定ダウンロード
▼▼▼▼▼▼

https://web-yougo.com/pdf/10451/?nsimm

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

集まる集客プロデューサー
田尻佐和子