時短勤務で同僚にため息つかれました

おはようございます!
フォーカスマインドトレーナー 
長瀬です!

 

今日は

周りに頭を下げなくても
休める働き方

 

こちらについて
お伝えしてきますね!

 

私は先日まで
起業家合宿「海トレ」のため
石垣島に行っていました。

104857103_2601101103484006_8786933767449926349_n.jpg

もし私が看護師として働いていた時に
5日間休みを取ろうと思ったら
大変です!

前のシフトはギューギューになって
1ヶ月間週1休みにして
その5日間に休みを集約しなければ
いけません。

特にシフト制の仕事の場合、
自分が休むと他の人に負担がいく
という構造になっているので、

子どもの行事で休む時でも
申し訳ありませんと周りに頭を
下げなければいけませんでした。

 

比較的子育てに理解のある
職場ではありましたが、
中にはそうではない人もいるので、

出産後復帰し、
育児時短勤務(30分早く帰れる)
にしたときには、

時短勤務の終了時に同僚に
用事を頼まれることもあり、

「すみません、私、時短もらってて
 もう終わりの時間なので・・・」

と伝えると

「はぁ〜」

と大きなため息をつかれ、
イライラした態度で

「じゃあいいです」

と言われることもありました。

AdobeStock_122406152.jpeg

時短の分給料は減らされているので
私だけが好条件で働いているという
訳ではないのですが、

 

こう言った周りの無理解
傷付いたり、
自分が周りから使えない人間
思われているような
気がして

子育て中だから仕方がないと
思いつつも
仕事と子育てのバランスのことでは
いつも葛藤がありました。

 

シゴト時間
家族時間
収入

 

このバランスが取れる働き方なんて
ないんだろうなと
思っていた時に出会ったのが
おうちセラピストの働き方でした。

家 pc.jpeg

おうちセラピストになってからは
自分で予定が決められるので、

休むたびに周りに迷惑をかけている
なんて考えなくてすむようになり
子育てとシゴトのバランスに
悩むことはなくなりました!

 

 

働きながら育児をする
お母さんにとって時間を自由に
組み立てられるほどありがたいことは
ありません!

 

大抵の場合は
時間が自由となる仕事というと
パートだったり、単発バイトなどで
収入もそれに応じて減っていくことに
なってしまうので、

子どもとの時間の確保はできても
収入がないとなると
将来への不安に繋がり、
心の余裕が持てず
イライラしやすくなります。

1618_imasia_4465506_L_628.jpg

一緒にいる時間が長くても
いつも先の心配ばかりして
不安になったりイライラしている
お母さんだったら
子どもも嫌ですよね!

 

おうちセラピストは
勤務時間=収入ではないため
休んだから収入が減る
ということもないので
休むことに不安を感じません。

月商7桁の安定した収入を得ながら
子どもの行事なども子どもの成長を
心から楽しむことができています^^!

私のように仕事と育児のバランスに
悩んでいた方も

おうちセラピストになって
時間を自由に使いながら
月商300万円以上を得ることが
出来ています^^

シンプルパフォーマンス・ナビゲーター
永井さん 
永井さん2.jpg

おうちセラピストになる前

以前は1日中時間に追われていました。


時短勤務で収入が減ってしまうのは
家計に打撃が大きかったので、
フルタイム勤務にして自分を
追い込んでいました。

土日は子どもたちと
ゆっくり過ごしたくても
家事も
たまっていて、

心のゆとりを持てず
子どもにイライラして
怒鳴ってしまうこともありました。

おうちセラピストになって変わったこと

自分が決めた日に
自分で仕事を決められるので、
やりたいことを優先にした
スケジュールができるように
なりました。


子どもの行事も、
誰に頭を下げるわけでもなく
参加できて、
仕事の調整のストレスから
解放されました。

時間も収入も増えて、
家事サポートを頼める
金銭的な余裕もでき


子どもたちと遊ぶ時間も
たくさん取れるようになり、
親子関係もすごく良くなりました。

=============

どこかに勤めている限り、
誰かに頭を下げて休みをとるしか
ありませんが、

おうちでできるシゴトだからこそ
自分の時間を自由に使うことが
できて、
子育て中のお母さんへのメリットは
絶大です!

AdobeStock_223486587.jpeg

新型コロナウィルスの感染が
東京だけでなく
全国で広がりつづけている今、

専門家によると2022年まで
断続的な外出規制を
続けなくてはならないという
研究データも出ています。

この数ヶ月だけ乗り切れれば
大丈夫という保証は
ない
ということなんです。

 

前回の外出自粛で企業の余力は
もうほとんどなく、どの会社も
いつどうなるかわからない時代です。

そして、残念なことに、
いちばん最初に切られるのは
パートや契約社員、

そして会社側から見て
マンパワー的に不足がある人たち

つまり、時短勤務中のお母さんや
子育て中で勤務体制に融通が
ききづらい女性なんです。

 

会社に頼るだけでなく、
自分で時間を自由に使いながら
収入を得られる働き方を
早く手に入れた人が、
withコロナを生き残れる人たちです。

 

すでにたくさんの方が今の状況では
まずいと動き始めています。

 

収入が激減して子どもたちに
ひもじい思いをさせずに
笑顔を守っていきたいのであれば

今の時代を生き抜く働き方を
手に入れてくださいね!

AdobeStock_169414502.jpeg

7月の個別相談
キャンセル枠が出ました。

早く今の状況を変える働き方が
知りたい方はお申し込みください!

%%%_LINK_23809_%%%