元看護師の私が最も嫌だったこと

こんばんは!
フォーカスマインドトレーナー
長瀬です。

 

 

本日は

 

元看護師の私が最も嫌だったこと

 

 

についてお伝えしていきます!  

 

 

私はかれこれ15年ほど
看護の仕事していましたが、
ほとんどが病棟勤務でした。

 

 

ということは、
24時間、365日休業日は
ありません。

 

なので勤務はシフト制。

 

 

当然、
土曜日も日曜日も祝日も
夏休みもお正月も関係ありません。 

 

独身の頃は
祝日に出勤して平日が休みでも
夜勤でも全然問題なく、
むしろどこ行くにも
空いててラッキーぐらいな感じでした。

 

ところが子どもが生まれて
小学校に入ると、
平日休みで土日の仕事というのが
辛くなってきました。

 

まず他の家族と休みが合わない! 

 

AdobeStock_171263010.jpeg

 

だから家族みんなで
どこかに出かけるということも
なかなかできませんでした。

 

 

そしてもう一つ、
我が家は旦那さんも土日出勤が
ちょいちょいある仕事をしていたので、
そうなると、

 

月〜金は学校と学童、
土日は職場の託児所 

 

という風になることもあって
子どもたちに
ちゃんとした休日を作って
あげられないこともありました。

 

 

託児所や学童に行きたくないという
子どもに「わがまま言わないで!」と
叱って行かせることもありました。

 

それが本当に嫌だったんです。  

 

 

働いていることで
子どもに負担をかけている。
だけど、働かないと生活が厳しく
なってしまう・・・。

 

 

そんな葛藤の中で働いていました。

 

 

ある調査では働くママの6割
職場や家族に罪悪感を感じながら
働いている 

というデータもあるぐらい
ママが時間を拘束されて働くって
大変なことなんです。

 

スクリーンショット 2019-03-15 19.13.46.png
私も時間の自由がきかない働き方に
対して不満をずーっと感じていました。

 

だけど、パートになってしまったら
お給料が下がってしまうという考えや
正社員に戻れなくなるかも・・・
という思いから
その生活を続けてしまっていたんです。 

 

 

思考のお掃除をしたことで
その生活をもうやめようと
決断することができ、 

 

おうちセラピストとして
時間を自分の思い通りに調整できる
働き方を手に入れたことで、 

 

子どもの行きたくないという想いに
合わせてあげられることも増え、
子どもに負担をかけているという
罪悪感もなくなりましたし、 

 

休みも合わせられるようになって
お正月も家族と一緒に
過ごせるようになって
子どもたちも喜んでいます^^ 

 

IMG_1138.JPG

 

あの時働き方を変えたから
今こうして時間を自由に使える
働き方ができているので、

 

やりたい!とあの時思った
直感を信じて良かったなと思いました。  

 

 

自分にとってどんな働き方が
理想的なのか?

それはなぜ今手に入れることが
できていないのか?

 

おうちセラピストなら
あなたの今の
働き方の不満を解消することが
できるかもしれません。  

 

 

気になる方はこちらから
チェックしてみてくださいね!

 

https://ameblo.jp/simple-cure/entry-12603028408.html 

おうちセラピストPDF表紙.jpg