もっと頑張っていたら・・・と後悔する前に

こんばんは!
フォーカスマインドトレーナー
長瀬です。  

 

 

今日は

 

後悔しない選択を選ぶ! 

 

こちらについて
お伝えしていきます。  

 

 

人生の中でターニングポイントって
いくつかあると思うのですが、
その時に、他の選択肢を
選んでいれば・・・と
後悔していることってありませんか?

 

 

もっと頑張っていたら・・・

 

もっと違う言い方ができていたら・・・

 

 

私は中学と高校の頃
ソフトテニスをしていたのですが、
自分でいうのもなんですが
まぁまぁ強かったんですね。

 

 

それこそ頑張れば国体選手とか
狙えるぐらいな感じでした。

 

 

だけど、私頑張れなかったんです。

 

なぜか?

 

負けるのが嫌だったから。

 

普通負けるのが嫌なら
もっと練習してうまくなればいいって
思いますよね?  

 

 

だけど、私はそう思えなくて

 

頑張って練習してそれでも
勝てなかったらどうしよう?  

 

 

そんな風に自分が傷つくことが
怖いという風にネガティブに
捉えてしまっていて、

 

自分の能力の限界を知るのが
怖くて逃げてしまったんです。

 

 

そしてこれって思考のクセなので
何をやるにも 

 

本気でやって
うまくいかなかったらどうしよう? 

 

という気持ちが出てしまうので
最後までやり切ることができず
色々なことが中途半端に
なってしまっていました。

 

落ち込む 女性.jpeg

 

この

 

頑張っても無理かもしれないから
本気でやらない(やれない) 

 

というのは

 

失敗した時の自分の心を
守るための防御反応です。  

 

 

よくテスト前に勉強しようと
する時ほど、なぜだか机の汚れが
気になって掃除しちゃう 

 

とか時間がない時に限って
関係ないことをしちゃうことって
ありませんか?

 

 

これ「セルフハンディキャップ」
といって
自分に自分にハンデをつけて

 

「もっと時間があればもうちょっと
良い点取れたのになー」と
悪い点数だった時に
自分に言い訳するために
無意識のうちにやっているんです。

 

 

これって一時的には傷つくのを
免れるかもしれませんが、
長い目で見ると自分に
自信を持てなくなっていってしまうので

 

新しいことにチャレンジすることも
できなくなり、同じような毎日が
続いてしまうことで
変化に対してどんどん臆病に
なっていってしまうんです。  

 

これ自分の可能性に
蓋をしちゃってるって
ことなんです!  

 

 

私はセルフハンディキャップで
本気で頑張れない自分を
思考の整理術である
フォーカスゾーンでどんどん
変えていったことで、  

 

 

うまくいかなかったらどうしようと
いう思考を取り除くことができて、
右も左もわからない起業という
世界にチャレンジすることが
できました。

 

AdobeStock_72763724.jpeg

わかんないことだらけで
入ったので
とうぜんうなくいかないことも
ありましたが、

 

頑張ってやりきった結果だと
「ま、仕方ない!次やればいいか!」
と前向きに捉えられるし 

 

やればやるだけ成長はあって
新しい自分にワクワクしたり、
できるようになったことが
嬉しかったり

初めてのことを楽しんだり 

 

自分の能力の限界なんてない
ということを感じています。

 

自分の能力の限界を
勝手に決めつけていたのは自分で、 

 

自分で自分の可能性を潰して
世界を狭めていただけで
それを変えることができるのも
自分だけなんです。 

 

AdobeStock_140902413のコピー.jpg 

そして、一度本気で
頑張ることが出来た人って
形を変えても必ず本気で
物事に取り組めるようになるんです!  

 

何かにチャレンジする時
やらない理由って
探せば山のようにあって
やらないことを選ぶ方が簡単です。 

 

だけど、やらないを選んで
それで本当に後悔しないのか?
自分の可能性を潰して良いのか? 

 

自分のやりたいと思うことを
本気でやってみよう!と思って
行動したから  

 

今私は時間場所人間関係
自由な働き方ができて
シゴトや自分の成長を楽しみながら
月商7桁を安定して作り続けることが
出来ています^^  

 

 

あなたは
本気になれるものがありますか?  

 

 

ぜひ後悔しない選択を選んで
くださいね!

 

 

私がシゴトを楽しめるようになった
おうちセラピストの働き方については
こちらからご覧ください!

 

▼ダウンロードはこちらから▼ 

 

 

おうちセラピストPDF表紙.jpg