鬼と恐れられた私

こんばんは!
フォーカスマインドトレーナー 
長瀬です。
 

ここ数日

私がフォーカスゾーンを実践し、
過去の自分には考えられない
月商108万円
どうやって作ることができたのか?
 
こちらを特集でお伝えしています!

本日は
 

全部うまくなんて
できません!

こちらについて
お伝えしていきますね!

前回は摂食障害を克服し

これからラクになるぞーと
思っていた私でしたが
最大の難関はここからでした。

子どもが3人になり、
やることがどんどん増えていく中でも
全部ちゃんとやらなきゃと
考えすぎてしまう
完璧主義なモンキーマインドの私。

迫る育休からの復帰時期。

 

そして
基本的に全くいうことを聞かない
我が家の子どもたち(ーー;)

ちゃんとやれないと
人に認めてもらえないという
気持ちがある私にとって
子育ても評価の対象でした。
 

なので、子どもたちが外で
色々しでかすたびに

「親の顔が見てみたいと
 思われているんじゃないか?」とか

「躾がなっていない」とか

思われるのではと考えていたり、
将来が心配になったり
いつもおサルが頭の中にいて
あれこれ考えて

家事もなかなか
効率よくできませんでした。

AdobeStock_130204552.jpeg

人とのコミュニケーションでも
人の言動の裏にあるものを

読もうと神経をすり減らし
そういったストレスがだんだん
積み重なっていきました。

 

ところが、
今までストレスを食べ物で
発散していた私だったのが、

その食べ物で発散することが
使えなくなってしまったので
何でストレスを解消すればいいのか
わからなくなってしまったのです。

以前ならお酒を飲むという
選択肢もあったのですが、
当時の私は三男の授乳中。

禁酒生活を送っていました。

そのため、

溜まったストレスを
発散する方法がない!!

 

そのストレスは次第に
子どもたちに向かっていきました。

 

今までもしょっちゅう怒っては
いましたが、
その頃の怒り方は今思い返しても
尋常じゃない怒り方でした。

女性 怒り.jpeg

ちょっとでも部屋が散らかって
いようものなら
のような形相で

「ちゃんと片付けろって
 言ってるでしょ!」

と怒鳴り散らす。

それだけでは気が収まらず
子どもたちがサッサと片付けない
ようだったら

「もうこれいらないのね!」

とゴミ袋に入れて庭に放り投げる。

自分の怒りがコントロールできず
口からどんどんひどい言葉が
出てきて止められませんでした。

私が怒りすぎるので
子どもたちは何か失敗すると
怒られる!と
私の顔色を反射的に見るし、

長男はだんだん自信を無くしていき

「どうせ俺なんて」
「俺はバカだ」
「どうせできないからいいよ」

などネガティブな言葉ばかりを
いうようになっていきました。

このままではマズイと
思いながらも、

だけどどこかで
「ちゃんとやらない子どもたちが悪い」
と自分が怒ることに対して
正当化していた私は

 
相変わらず周りの評価を
あれこれ気にするモンキーマインドで
子どもをちゃんとした子に
育てなければ!と思っていました。

そんなある日、次男と三男を連れて
スーパーにいき、
レジで私がお金を払っている時に
パッとお店を出て行ってしまった次男。

後ろに人も並んでいたし
そのまま追いかけるわけにいかず
お金を払ってから急いで追いかけたら
駐車場で危うく車にぶつかりそうに
なっていました。

その時にその車の運転手さんに

「ちゃんと見てないとダメでしょ!
 ひいたって責任取れないわよ」

と言われ、
 

 
ちゃんとやろうと思っているのに
できない自分を
まざまざと気がつかされ
心が折れそうになっていました。
 

その夜、子どもがやった
些細なことに対して
激怒して怒鳴り散らしている自分に
気が付いた時

 

「あ、これ八つ当たりだ」

と直感的に思いました。

昼間の人に言われたことが
自分の中にもやもや残っていて
ストレスになっていて
それを子どもにぶつけてしまって
いたのです。

 

完璧主義であれもこれもうまく
いかせたいと思っているから
 
思い通りにならない子どもや
自分自身のダメさにイライラして
ストレスが溜まってしまっている。

これは
自分の思考の問題なんだ
その時ようやく気がつきました。

思いつき.jpeg

モンキーマインドであれこれ
考えていると
ネガティブになりやすいということが
色々な研究でわかっています。

私自身もネガティブになりやすく
人の言葉一つも
いつも悪い方へ考えてしまうから
ストレスが溜まっていたし、

全部うまくいかせようと
あれこれ考えすぎるから
効率が落ちて全部うまくいかない
という状態になっていました。

根本的な考え方自体を変えない限り
摂食障害が治っても
なんらかの形でストレスを
発散してしまうパターンは
変えられないのだ。

そう気がつき、ようやく

「私が変わる必要があるんだ」

と気づくことができ、
モンキーマインドを解決するための
一歩を踏み出すことができたんです。

 

続きはまた明日お伝えしますね!