ほとばしる汗! 部活に青春を捧げた学生時代

こんばんは!
フォーカスマインドトレーナー 
長瀬です。

本日より

私がフォーカスゾーンを実践し、
過去の自分には考えられない
月商108万円
どうやって作ることができたのか?
 
しばらく特集でお伝えしますね!

 

私がセラピストになったのは

“全部完璧にやろうと
あれこれ考えすぎてしまう

ストレスから
摂食障害になったこと
がキッカケでした。
 
そんな私が今思考の整理をする
セラピストになり、
多くの起業家の方に
集中脳の作り方を教えているのは
 
 
あれこれ考えることによって
引き起こされる問題を
痛いほど知っているからです。

そして、

 
思考をクリアにするだけで
人生は驚くほど簡単に好転する

ということを
たくさんの人に伝えていきたい

という想いがあるからです。

変わる.jpeg

私は三姉妹の次女として生まれ
神奈川県の外れの
城下町小田原で育ちました。

父は仕事が忙しく
ほとんど家にいなかったので
母がワンオペで私たち三姉妹を
育ててくれました。

母が愛情をかけてくれていたことも
わかっていますし、
ワンオペでの苦労もあったのだと
今は理解できますが、

小さい時は言うことを聞かないと

ビジバシやられたり、
外に出されたりしていたので

母=怖いという印象が強く
怒られないようにいつも
顔色を伺っていたのを
覚えています。

そんな私でしたが、
大きくなってからは一転、
押さえつけられていた鬱憤が
溢れ出し、反抗期へ突入。

母に何か言われるたびに
反抗していたら
今度は素直になれなくなり

何を言うにも喧嘩越しに
なってしまうようになりました。

親子喧嘩.jpeg

母からは
年がら年中反抗期と言われ
何か反論すると最終的には

「親のすねを
かじっているうちは

親のいうことを聞け」

とピシャリと言われてしまうので
結局は親に従うしかなく

 

「私のことは
理解してもらえない」

そんな気持ちが強くなって
素直に甘えられない寂しさも
ありましたし、

経済力を武器に一方的に
押さえつけられることで
フラストレーションが
溜まっていったのを覚えています。

それでも本格的な非行に

走らなかったのは
部活をやっていたからでした。

中学・高校とソフトテニス部に
所属して部活に打ち込み

日に焼けていつも真っ黒!

紺色のジャージを身にまとい
夕方歩いていると闇に紛れて
姿が見えなくなるぐらい 笑

そんな部活漬けの毎日でした。

部活の先生が怖かったから
非行に走る勇気がなかった
というのもありますが、

運動することで
フラストレーションを昇華できたし
 
部活の友達と笑ったり泣いたり
踊ったり歌ったりして
過ごした青春の日々は

今でも私にとって
最高の宝物です^^

ハート 一致団結 円陣.jpeg

部活はハードだったので
それなりにキツイことも
沢山ありましたが

高校3年のときには
関東大会にも出場し、
頑張った分結果が出るということも
実感できましたし

何より根性がついたと思います^^

ところがその根性が
これから先裏目に出ることに
なってしまうのでした。

この先は明日のメルマガで
またお伝えしますね^^